10万キロで乗り換えるなんて勿体ない

| コメント(0) | トラックバック(0)

10万キロを目安に車を乗り換える方が多いですが、
それはかなり勿体ないです。

最新の車を乗っている!
という見栄を抜きにしたら、車は20万キロまで乗り続けるべきです。
そのほうが絶対にお得です。

10万キロで車を買い替えているのなんて日本人だけです、
海外の車は基本的には20万キロ超えって当たり前ですよ。

日本でもタクシーなんかは20万キロ以上走っていますよね。
今度タクシーに乗る機会がありましたら確認してみてください。

ではなぜ10万キロで乗り換える人が多いのか。
それは10万キロで交換部品などのメンテナンス費用が高額になるからです。

タイミングベルトの交換だけでも5万はしますよね。
その他定期交換部品を合わせると10万~20万程度の出費になります。

そのくらいお金をかけるのであったら、
新しい車に乗り換えたほうがいい!
と考える人が多いのですね。

車は購入したときから付き合い方には気をつけなければいけません。
20万キロ乗り続けるつもりであれば、
しっかり定期的にメンテナンスをし、車の状態を維持していかなければなりません。

今までロクにメンテナンスもしてきていないのに、
10万キロになったらもう寿命か、この車ダメだな。
と車のせいにする方も多いです。

長く乗り続けるのなら、最初からしっかりメンテナンスすること!
これにつきます。

こちらのサイトでも詳しく解説しております。
大阪 車買取

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pradoelectroniccigaretters.com/mt-tb.cgi/4

コメントする