AT車がエンストしそうになる原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

たま~にAT車なのにエンストしそうになる。
といった悩みが聞かれます。
バッテリーが弱っているのかなあ。
と思い、バッテリーを交換するも直らない。
ディーラーに行ったら買い替えを進められた。
というケースが多いようです。

このAT車がエンストしそうになる。
というのは8割方スロットルバルブが原因です。

スロットルバルブに、スラッジやカーボンがたまると、
エンストしそうになるようです。

市販でもスロットルボディを清掃するスプレーが販売されていますので、
上記のような悩みがある方、一度自分でスプレーでキレイにするといいでしょう。

スロットルバルブはスロットルボディを開け、
横に回る穴がありますので、そこの蓋を開け、エンジンをかけながらそこのスプレー
するだけです。

素人でもできますので、
車種別にスロットルボディの場所、形などをあらかじめ把握しておき、
その上でメンテナンスしましょう。

ネットで検索すれば簡単にヒットするかと思います。

このようなAY車のエンストというのは、
あまりなさそうですが、よくあることで、信号待ちからの発進時などによく陥ります。
Dレンジのままブレーキを分で停車していると、回転数がいきなり落ち、
エンストしそうになりますので、そのような症状がある方は、いずれエンストするので
注意してください。

停車からの発進時によくあることですので、
事故につながる危険性は低いですが、
後続車の迷惑にもなりますので、症状が見られる方、自分でメンテナンスしてみるか、
ディーラーで点検してもらうようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pradoelectroniccigaretters.com/mt-tb.cgi/1

コメントする