車買取業者とオークション代行業者の違いと陸送費

| コメント(0) | トラックバック(0)

中古車の売却をする方法の1つに、オークションの代行業者があります。ここでのオークションはヤフオクなどではなく、いわゆるオートオークションですね。オークション代行というのは、そのオートオークションに出品を行ってくれる業者が主になります。
ところでオークション代行と車買取の業者は、大きな違いが1つあります。陸送費用です。

オークションの代行業者の場合は、必ずオークション会場への車の搬入が必要になります。オートオークションの会場での手続きになるからです。

ところでその搬入の際には、費用がかかるケースが多々あります。搬入のやり方も色々とあるのですが、オークション業者の場合は陸送業者と提携しているケースが一般的です。

業者によっては、顧客の自宅まで車を取りに来てくれる事もあります。その際には、もちろん陸送費用が発生する訳です。
また自宅からオークション代行業者の店舗まで車を運ぶやり方でも、オークション会場への搬入は可能です。しかし代行業者からオークションの会場までの運搬の際には、やはり陸送業者が利用されます。ですので店舗まで車を運ぶ時も、やはり費用は発生します。

かかる費用は、距離に比例しますね。遠方まで車を陸送すれば、それだけ多くの費用がかかる訳です。出張料金と同じですね。

では車の買取業者の場合はその陸送料金がかかるかというと、実際にはかかっています。ただその陸送費用は、すでに差し引かれているケースがほとんどですね。買取業者からは査定額が提示されるのですが、それは「陸送費用は差し引き済みの金額」という訳です。ですので買取業者の場合、具体的に何円の陸送費になっているか少々分かりづらい一面があります。
このように陸送費用が目に見える形で発生するのが、買取専門店とオークション代行の大きな違いの1つです。

買取金額は車の状態によって其々変化します

| コメント(0) | トラックバック(0)

ホンダから発売されているフィットはどの世代にも人気のある車種の一つであり、かなりの需要が期待できる車として注目されています。

そのフィットを売却する際に事前の買取相場をよく調べておかないと安い価格で買い取りされてしまう恐れがありますので細心の注意を払わなければなりません。

そこで今回はフィットの売却査定を行うのに必要な要素をいくつか紹介していきたいと思いますので是非参考にしてみて下さい。

先ほどにも申し上げたようにフィットは大変人気のある車の一つなので市場では多く出回っている車種となっております。

なので普通に査定を行っても思っていたような金額にならない事が殆どですので、より高い金額で買い取りを行うのは中々難しい部類に入ります。

ではどのようにして買い取り額アップへと繋げるのか。

それは自分が売り払うフィットが現在どのような状態で維持されているかによって大きく分けられます。

例えば車体に少しでも大きな傷跡が残っているとそれだけで数十万円分マイナスとなってしまうので出来るだけ傷になっている部分を修繕してから査定を行う必要があります。

他にも走行距離が短い程買取金額が高くなる傾向にありますので、あまり車を走らせていないのであれば金額が高くなる可能性が高くなります。

これらの条件以外にもなるべく複数の業者に見てもらい、其々どれくらいの金額で売れるのかをチェックしておくのも重要となりますので、一つの業者に絞らずになるべく3社くらいの業者に査定してもらうようにしましょう。
【セレナ買取】セレナを高く売却する方法、あなたはご存知ですか?

売却は歴史のある企業で

| コメント(0) | トラックバック(0)

やっぱり車の売却は安心できる企業がいいですよね。
売却先を決めるときは必ず、その企業の歴史や信頼性をしっかりと
確認する必要があります。

車の業界ははっきり言ってブラックです。
詐欺的なものもかなりあります。

例を挙げるとすると、
後で査定金額を変えてくるケースです。
こういったのは引き取りの当日か前日くらいに連絡し、
査定金額を間違えた。その金額では買取できない。
というのが多いですね。

当然、買取を依頼してくる人のほとんどは車検切れにあわせて
依頼してきます。
ですので、泣きね入りするしかないんですね。

車は買い替えることに決めたし、
でも車検も切れるし、車検費用払ったら損するしでもう本当に悲惨な状態
になってきます。

でもこういうのも回避する手段はあります。
それは契約書を作ることですね。

査定時に査定金額が決まったら、買取業者にその契約書にサインしてもらいましょう。
もちろんその契約書とは買取金額を保証する、いわば保証書のようなものです。

このように手を打っておいたら詐欺されることは
ほとんどありません。

査定の時こそ慎重に行動するようにしましょう。
車査定なら下記2つのサイトが参考になります。
>>ヴォクシー 買取

新しい車の決め方

| コメント(0) | トラックバック(0)

やはり車を買い換える際は好きな車に乗りたいですよね。
ここは妥協したくない。
って方が多いのではないでしょうか。

しかし、経済的な問題もありますし、
妥協せざる終えない。という方も中にもいると思います。

どちらにも該当しない方。
つまり別に車は乗れればなんでもいい。
そのような方は、今の車を20万キロまで乗り続けてください。
修理しながら乗り続けたほうが絶対お得です。

さて、買い替えるのだが、欲しい車を購入できない。
という方は業者オークション代行を利用してみてはいかがでしょうか?

いま結構流行っていますよね。
業者用のオークションから車を仕入れてもらうことができるサービスです。
仕入れ価格で購入することができますので、
普通に車屋から購入するよりも格段に安く購入できます。

また、その車の総合評価も見れますので、
状態の良い車を選択することも可能です。

しかし1つデメリットがあります。
それは販売店保障が受けられないということです。
基本的に車を購入したら3ヶ月保障など、購入から3ヶ月以内に故障した部分は、
全て無料で修理、交換してあげるよ~
という保障がないのです。
一般的には販売店で購入すればこの保障がついてきます。

ですので、万が一その車が故障しても実費で修理しなければいけないということです。
このリスクを理解できる方は、業者オークション代行を利用してみてもいいでしょう。

ユーザー車検はやめておいた方がいい?

| コメント(0) | トラックバック(0)

車検の費用を安くしようとユーザー車検を選ぶ方がいます。
自分で車検を通して見るのは経験としていいことですが、
ろくにメンテナンスをしなくても案外車検って通っちゃいますので、
注意が必要です。

車検の料金を意識するあまり、
メンテナンスもせず、ユーザー車検で通しちゃう方。
これは非常にまずいです。

確かにその時の車検料金は安く済みます。
しかし、しっかりメンテナンスをしなければ、後々車が壊れて修復費用がかかる
危険性があります。
そうなってくると本末転倒ですよね。

安く車検を通したのはいいが、車が故障して結局は高くついた。
という自体にもなりかねません。

ユーザー車検を通すのはいいですが、
その前の車検のメンテナンスはしっかりお金をかけて車屋さんに頼むのがいいでしょう。
これだけでも車検代行費用は浮きますので、安く済ませることができます。

日本と比べ海外では事故が非常に多いです。
これは車検制度がない国があるからです。
日本は車検制度によって、車の安全性がある程度確保されています。
結果、事故率の低下につながっております。

車社会は自分1人のものだけではないですので、
周りに迷惑をかけないためにも、定期的な車のメンテナンスしっかりしておく
ようにしましょう。

10万キロで乗り換えるなんて勿体ない

| コメント(0) | トラックバック(0)

10万キロを目安に車を乗り換える方が多いですが、
それはかなり勿体ないです。

最新の車を乗っている!
という見栄を抜きにしたら、車は20万キロまで乗り続けるべきです。
そのほうが絶対にお得です。

10万キロで車を買い替えているのなんて日本人だけです、
海外の車は基本的には20万キロ超えって当たり前ですよ。

日本でもタクシーなんかは20万キロ以上走っていますよね。
今度タクシーに乗る機会がありましたら確認してみてください。

ではなぜ10万キロで乗り換える人が多いのか。
それは10万キロで交換部品などのメンテナンス費用が高額になるからです。

タイミングベルトの交換だけでも5万はしますよね。
その他定期交換部品を合わせると10万~20万程度の出費になります。

そのくらいお金をかけるのであったら、
新しい車に乗り換えたほうがいい!
と考える人が多いのですね。

車は購入したときから付き合い方には気をつけなければいけません。
20万キロ乗り続けるつもりであれば、
しっかり定期的にメンテナンスをし、車の状態を維持していかなければなりません。

今までロクにメンテナンスもしてきていないのに、
10万キロになったらもう寿命か、この車ダメだな。
と車のせいにする方も多いです。

長く乗り続けるのなら、最初からしっかりメンテナンスすること!
これにつきます。

こちらのサイトでも詳しく解説しております。
大阪 車買取

軽自動車の躍進は止まらない

| コメント(0) | トラックバック(0)

軽自動車の人気が止まりませんね。
不景気で一時的に売れていただけと思っていたのですが、
どうやらそうではないみたいです。

景気が上向きな今でも軽自動車の販売台数は伸びているようですね。
ちょっと前までは軽自動車というは、お金がない人の乗る乗り物。
という認識を持っていた人も多いでしょう。

しかし今では普通車や高級車がステータスになりませんので、
軽自動車で十分。
と思って軽自動車に乗り換える方が多いようです。

確かに軽自動車は以前と比べ大分進化してきましたよね。
乗り心地もそうですが、安全性に関しては大分進化したのではないでしょうか。

昔の軽自動車だと、普通車と事故を起こせば、ただのケガじゃ済まされない。
というイメージがありました。
しかし今では大分丈夫に作られているみたいですね。

軽自動車の安全性や機能性が優れてきたいる反面。
燃費に関してはどうなのかなあ。
と思ってしまうこともあります。

リッター20キロの軽自動車もありますが、
昔の軽自動車だとリッター15キロ程度走って普通でした。

しかし今の軽ですと、リッター12~13程度が多いのではないでしょうか?
機能や安全性能の向上に偏るあまり、燃費が落ちて着ているようですね。

しかしこれは仕方の無いことです。
機能と燃費は相関関係にはありません。
総合的に見ても今の軽自動車は昔に比べすごいと思います。

廃車って以外と高い?

| コメント(0) | トラックバック(0)

今では廃車にする方は少ないのではないでしょうか?
買取業者も最近では頑張っており、
以前では査定額がつかないような車でも、今では買い取ってもらうケースが
非常に多くなっていますので、廃車、という選択をする方が減っています。

廃車にする人は、そもそも査定をしてもらっていない。
という方が非常に多いです。

この車買い取ってもらえないだろうなあ。
と自分判断し、廃車にしてしまうのでしょう。
非常に勿体ないことです。

廃車にかかる費用は以外に高額で、
代行手数料が1万円程度かかります。
しかもこれは書類上の手続きだけの金額であり、
実際に車を処分するとなると、そこにプラス数万円加算されます。(リサイク券の料金を含む)

そうなると、かなりの出費になりますよね。
買取業者に買い取ってもらえたのにも関わらず、数万円の出費となると、
かなりの損をしていることにもなります。

ですので、どのような車もまずは査定してもらう。
という所からスタートしましょう。

また、廃車にする際には、解体屋に車を持ち込むことをオススメします。
代行業者に頼まず、自分で解体屋に車を持ち込めば、
その車を買い取ってくれる可能性があります。

実際には車を買い取るのではなく、
車の鉄を買い取ってくれるのです。

上記のように、廃車にしてもお金を貰える方法もありますので、
面倒くさがって、代行業者に頼まず、
自分でやってみるといいかもしれません。

AT車がエンストしそうになる原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

たま~にAT車なのにエンストしそうになる。
といった悩みが聞かれます。
バッテリーが弱っているのかなあ。
と思い、バッテリーを交換するも直らない。
ディーラーに行ったら買い替えを進められた。
というケースが多いようです。

このAT車がエンストしそうになる。
というのは8割方スロットルバルブが原因です。

スロットルバルブに、スラッジやカーボンがたまると、
エンストしそうになるようです。

市販でもスロットルボディを清掃するスプレーが販売されていますので、
上記のような悩みがある方、一度自分でスプレーでキレイにするといいでしょう。

スロットルバルブはスロットルボディを開け、
横に回る穴がありますので、そこの蓋を開け、エンジンをかけながらそこのスプレー
するだけです。

素人でもできますので、
車種別にスロットルボディの場所、形などをあらかじめ把握しておき、
その上でメンテナンスしましょう。

ネットで検索すれば簡単にヒットするかと思います。

このようなAY車のエンストというのは、
あまりなさそうですが、よくあることで、信号待ちからの発進時などによく陥ります。
Dレンジのままブレーキを分で停車していると、回転数がいきなり落ち、
エンストしそうになりますので、そのような症状がある方は、いずれエンストするので
注意してください。

停車からの発進時によくあることですので、
事故につながる危険性は低いですが、
後続車の迷惑にもなりますので、症状が見られる方、自分でメンテナンスしてみるか、
ディーラーで点検してもらうようにしましょう。